2007年09月07日

ラグビー狂の国

3:00PM Wednesday September 05, 2007 By Edward Gay nzherald.co.nzの記事より抜粋

Warning to fans planning sickies for rugby cup

An employment law expert is warning workers turning up late or taking a sick day after a Rugby World Cup game that their employers have no reason to treat them leniently.

University of Auckland law professor Bill Hodge made the comments after a union leader called on employers to be lenient with staff during the World Cup because most of the games are being played around midnight or the early hours of the morning.

04fans200.jpgPhoto / Dean Purcell



楽園翻訳

ラグビーワールドカップのため病欠を計画しているファンたちに警告

雇用法専門家が、ラグビーワールドカップ後に病欠したり遅刻すればよいと考えているサラリーマンに対して、雇用主にはそれに対し寛大な処置をとる理由は一つもない、と言う事を警告している。

ワールドカップのほとんどの試合は真夜中か早朝数時間に行われるため、その期間中は社員に寛大になってくれと、ラグビーunionのリーダーが雇用主たちに求めたことから、オークランド大学法学教授のBill Hodgeはこのコメントを出したのだ。

04fans200.jpgPhoto / Dean Purcell



ある意味すごい。


banner_02.gif ...NZはラグビー命。















posted by kiwi at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽園翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。